スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気blogRankingへ

写真アップのテスト

テストです。

写真をアップしてみます。

外国に行く前の成田空港(テスト的にアップ)
スポンサーサイト

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気blogRankingへ

テーマ : 外国の風景 - ジャンル : 写真

久しぶりです

久しぶりにブログ書きます。


すみません。コンスタントにブログ書ける性格じゃないんです。
じゃあ、ブログ書くなって言われるかもしれませんが・・・(笑)

書きたい時に書きたいことを書くブログでもいいかなって思うので。

前は、読む人に対して何かプラスになるような事を書こうと思ったり、
自分が書きたい事だけを書いてると、単にわがままというか、
独りよがりのブログになるので、それもどうかと
どちらかというと否定的な感覚を持ってたんです。

でも、そのせいでブログを書く頻度が極端に低くなるのも、
それもどうかと思いまして。

まずは、自分の中のブログのハードルを下げようと思う訳です。


自分は、何のためにブログを書くんだろうって
いまだに色々疑問に思ってたり、
優柔不断で移り気な自分自身が大っ嫌いですが、
そんな自分すら受け入れざるをえないというか、
まあ、そんな自分もしょうがないって思えるような
達観した感情になっているので、
まあ、ココロの赴くままにブログを書くのもいいかなって
思います。思えるようになりました。

なので、公共のWebである種のオナニープレイをすることを
お許し下さい(笑)


というか、全然話は変わるけど、
写真をアップしたいけど、
なんかアップできない(笑)

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気blogRankingへ

テーマ : 外国の風景 - ジャンル : 写真

あけおめことよろ

あけましておめでとうございます。

しばらくブログ掛けませんでした。
ノートPCの調子が悪くなって、書いておいたネタが消え、少し心が折れてました。
前のようなペースをキープするのは難しいとは思いますが、ボチボチブログを再開していけたらな~なんて思います。

今年も皆様のとって良い年でありますように。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気blogRankingへ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

クロスファイア

クロスファイア 宮部みゆき 光文社文庫

ご存知宮部みゆきの代表作のひとつ。
炎を操ることが出来る超能力者の少女の話。

宮部みゆきの魅力には、こういう非現実的な設定でも物語を無理なく矛盾無く構築する能力にあると思う。

数学は”美しい”。それは、他の理系科目にはない特質だ。物理や化学には例外や前提、
ひどい時には、今までこう習ってたけど、実はこうなんだって事もある。
核分裂なんてのも、原子っていうのはこれ以上細かく出来ない一粒って習ったのに矛盾してる。

で、数学は、公理という数少ないルールで閉じた世界を構築している。選ばれた公理の種類が異なれば
それぞれ構築される世界は異なる。でも、一つ一つは非常にきれいな世界。
宮部みゆきの魅力も同じなんじゃないかと思う。
それぞれの物語ではそれぞれの設定や常識があり、その閉じた世界では無理なく物語りが進んでいく。

散りばめられた伏線が回収されずに消化不良を起こしたり、全部バーチャル世界の出来事でした、
なんていう”夢オチ”のような破綻をきたしたりすることがない。
そして、どんな能力を持っていても我々と同じように悩みを持っていて。

怒りが炎となって現れるのは、なんというかシンパシーを感じますね。
みなさんは炎が出るほど怒ることはありますか??


クロスファイア(上) (光文社文庫)クロスファイア(上) (光文社文庫)
宮部 みゆき

光文社 2002-09-10
売り上げランキング : 66333
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




↓3種類のランキングに参加してます!!あなたのクリックが大きな力になります!!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気blogRankingへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

フェイク

フェイク マフィアをはめた男 ジョセフ・ピストーネ 集英社文庫

マフィアをはめたFBI捜査官の自伝。
現在は、証人保護プログラムにより偽名で暮らしている(はず)。
マフィアへの潜入捜査と聞くとまるでドラマのような話ではあるが、
実話である。実際映画にもなりましたが、実話というのは本当に重い。

マフィアに認められ、徐々に中心的な人物になっていく過程を
丁寧に書いている。また、潜入捜査をする際には、マフィアの犯罪行為
の証拠を集めるのが目的であるが、同時に本人は犯罪行為を犯さない
というのが難しいポイント。
フィクションであればあまり重要視されない部分だが、
本人が罪を犯したら本末転倒であるが、同時にマフィアの中で罪を犯さずに
マフィアとして認められなければならず、パッと考えるとそんなん無理じゃないか
と思うのであるが、キチンと潜入捜査を遂行する。

マフィアとの”友情”もあり、最後まで緊迫感があり、非常に読み応えがある。

ドラマなどでありえない設定やありえない状況が起きると結構冷めちゃうんですが、
やっぱり本当の話っていうのは重厚でドキドキ感いっぱいです。
おススメ!!


フェイク―マフィアをはめた男 (集英社文庫)フェイク―マフィアをはめた男 (集英社文庫)
Joseph D. Pistone 落合 信彦

集英社 1997-06
売り上げランキング : 289731
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




↓3種類のランキングに参加してます!!あなたのクリックが大きな力になります!!

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ 人気blogRankingへ

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

GGゴンゾウ

Author:GGゴンゾウ
GGゴンゾウ(♂)
職業;研究者
趣味:趣味探しが趣味。ゲーム、読書、スポーツ観戦、ジョギングなど、さまざまな事をツマミ食い中。長続きしないのだが、それは個性なので、既に諦めてて、趣味ぐらい心の赴くままにいろんな事を好きにしようとやっと達観できたオッサンです。
○日々の趣味の記録と気ままに考えたことを綴ります。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。